2011年01月29日

FXで資産運用はできない。「スワップ狙い」はナンセンス。FXは為替レートの動きを当てるゲームだ

昨日の続きです。「FXでは貯蓄でないのはもちろん、投資でもない。まさに投機、バクチであって、FXを資産運用に使うのは間違っている」という話でした。

もちろん、FXをしっかり理解してそれを活用している人に対しては、FXをやめろというつもりはありません。しかし、世の中にはFXについて間違ったイメージをいだかせる宣伝が多く、そのイメージをもったまま大事な資産をFXにつぎこむ人もいます。そうした人には、ぜひFXの性質を理解して、資産運用の手段として適切であるかどうかを考え直してほしいと思います。

スワップ金利は「金利」ではない

FXのやりかたで「スワップ狙い」というのがあります。「スワップ金利」と呼ばれることから、「利息のようなもの」と考えている方も多いようですが、それはまったくの間違いです。ここでは「スワップ金利=金利」ではないことを明らかにするため、「スワップポイント」という用語で話を進めていきます。

たとえば、日本円の金利が1%で、米ドルが5%であれば、日本円を売って米ドルを買った人はその差に当たる4%分のスワップポイントを受け取れます。ここ10年くらいは日本の金利水準がきわめて低いため、他の通貨を買う場合はいつもスワップポイントを受け取ることができました。だから、「FXは利息がもらえて得じゃないか。為替手数料の安い外貨預金と同じもの」なんて誤解が生まれてきたのでしょう。

でも、外貨預金であれば必ず利息はもらえるのに対し、FXのスワップポイントではゼロかマイナスになることもあります。日本円も米ドルも同じ3%であればゼロ、もし日本円が3%のままで米ドルが2%に下がれば1%分のスワップポイントを支払わなければなりません。

今は金利が世界的に下がっていますが、もし金利が上がっていくとどうなるか。もし日本円も米ドルも同じ10%になった場合、外貨預金でも円預金でも10%の利息を受け取れるのに対し、FXならスワップポイントはゼロです。

金利平価説ではスワップ狙いは成り立たない

そもそもスワップポイントは何なのか。スワップポイントを理解するには「金利平価説」について知る必要があります。金利平価説とは為替相場は金利によって決まるという考え方です。金利の違いを埋めるように為替相場は自動的に調整されます。

計算を簡単にするために「1ドル=100円」「円は年利1%」「ドルは年利5%」と仮定します。さらに為替手数料は発生せず、金利もずっと変わらないとしましょう。あなたが100万円を持っていたとすればどうするか。円で運用すれば1年後は101万円になります。一方、ドルに換えて運用すると1万500ドルになり、円に戻せば105万円になります。こういう状態なら誰も円で運用しようなんて考えませんね。ドルに換えて運用して後で円に戻せば、リスクなしで確実に利益が出ます。みんな借金してでもドルを買って運用します。

円のまま運用する場合

100万円を1年間運用する
↓ (円は年利1%)
101万円になった

ドルに換えて運用する場合

100万円をドルに換える
↓ (1ドル=100円)
1万ドルを1年間運用する
↓ (ドルは年利5%)
1万500ドルを円に戻す
↓ (1ドル=100円)
105万円になった

でも、実際にはリスクなしで絶対にもうかるなんて話はありません。仮定のどこに問題があったかと言えば、「1ドル=100円」のままレートが変わらないところです。もし1年後に「円高・ドル安」になって、「1ドル=96.18円」になっていれば運用結果はどうなっているか。ドルで運用した1万500ドルを「1ドル=96.18円」で円に戻せば、ちょうど101万円(10,500×96.18)になります。これで円とドルのどちらで運用しても1年後の成績は同じになりました。

ドルに換えて運用する場合2

100万円をドルに換える
↓(1ドル=100万円)
1万ドルを1年間運用する
↓(ドルは年利5%)
1万500ドルを円に戻す
(1ドル=96.18円)
101万円になった

円のまま運用したときと同じ金額になる!

つまり、ドルは円に比べて金利が高いけれども、長期的には円に対してドルの価値が下がるのでバランスがとれるということです。金利平価説が正しいとすれば、外貨預金で金利が高い通貨(たとえばオーストラリアドル)にかえて運用することは意味がありません。せっかく金利が高くていっぱい利息を受け取ったとしても、いずれはその通貨の価値が下がってしまって利息分を打ち消してしまうからです。

スワップポイントは何かという話に戻ります。円を売って金利が高いドルを持ち続ける場合、金利が高いドルの価値が下がってしまいます。そのバランスをとるために、金利が高いドルを買った方がスワップポイントを受け取ります。けっしてボーナスではありません。どちらの通貨を持っていても差が付かないようにスワップポイントを受け渡ししているだけです。これで金利の差による損得はなくなって、純粋に為替レートの上下によって損得が決まるようになります。

だから、「スワップ狙い」なんて意味がないのです。理屈の上では為替レートの動きでスワップポイントは吸収されてしまうはずです。「スワップポイントで年3%の利回りをかせげるから、レバレッジ10倍で年30%」という考え方がいかに危険なものかが分かるはずです(まあ、最近はスワップポイントが小さくて為替レートの動きですぐに吹っ飛ぶことが知られているのでスワップ狙いははやらないようですが)。

FXは為替レートの動きを当てるゲーム

こうした性質があるため、私はFXと投資だとは考えていません。FXは為替レートの上下によって、利益を得る側と損失をこうむる側がきっぱりと分かれます。為替レートがどちらに動くかを当てるゲームと言っていいでしょう(その条件を整えるためにスワップポイントがあります)。FXには投機やバクチという言葉がぴったりです。

ただ、FXで確実にもうける方法がひとつだけあります。それは胴元になることです。FXのサービスを提供する側にまわれば、手数料をかせぐことができます。まあシステム投資が必要ですし競争も激しいので、おいしい商売には見えませんが。

もちろんFXの性質を理解した上でゲームとして参加するのであれば、それはかまわないと思います。レバレッジをきかせた上で予想が当たれば大もうけできるでしょう。しかし、FXに対する知識がない人に対して、FXがあたかも安全な資産運用手段であるかのように見せかけることは限りなく犯罪に近い行為です。

「こつこつ貯めるFX」というサイト(http://zakzak.fx.kachi104.com/)の中で「中長期の投資スタイル」というページがあります。そこには「投資というより貯蓄したい」「月々のお小遣いの足しにしたい」「結婚資金、住宅購入用に」「老後の資金に」なんてキャッチコピーが並んでいますが、これを信じてFXに手を出す人がいないか心配です。「ルーレットで老後の資金を貯めよう」というのと同じくらいナンセンスです。

FXの成功体験をうのみにしてはいけない

「でも、FXでもうけている人が実際にいる」と思われるかもしれません。人間というのは自分の成功体験は大きな声でふれまわるけれど、失敗については口を閉ざすものです。FXで大もうけした人がいる裏には、それ以上にFXで大失敗した人がたくさんいます。雑誌に登場したり本を書いたりしている人は、すべて成功した一握りの人です。こういうのを「生存者バイアス」と言います。

あと、「金利平価説はおかしい」と反論したくなる人も多いはず。日本がゼロ金利を続けていた間は、円キャリートレードによって円安が進んだという事実があります。「だから、トレンドをつかめば大丈夫」という声も聞こえてきます。さらにもっと長いスパンで見れば、「成長力が高い国の通貨は高くなる。そうした国の金利は高いことが多い」みたいな分析もできますね。

そこまで頭が回る方がFXにチャレンジするなら私は何も申し上げません。私が問題視しているのは、悪質な宣伝をうのみにして「FXでも安全に資産運用できるんだ」と誤解してしまう人が多いところ。また、ファイナンシャルプランナーの中にもスワップポイントの意味すら理解することなく、資産運用の手段としてFXをすすめる人がいるところです。

最後にひとつ指摘しておきたいのが「チャートを分析して確実に利益をあげる方法があるのであれば、日本の年金制度が破綻することはないだろう」ということです。日本の未来はバラ色ですね(要するにチャートを見ても為替の動きは分からない)。

「じゃあ、株もバクチなんじゃないの?」という疑問に対しては、日を改めて書きます。FXと株は本質からしてまったく別物です。今日はもう寝ます。長文におつきあいいただき、ありがとうございました。



2011年01月28日

ファイナンシャルプランナーが資産運用の手段としてFXをすすめるのはありですか?

私がよく見に行くサイトに「zakzak」がありますが、その中に「こつこつ貯めるFX」というコーナーがあります(http://zakzak.fx.kachi104.com/)。サイトの説明を見てみると、大きくもうけようと思わなければ、額は小さくても確実にもうけることができそうなことが書いてあります。

「投資というより貯蓄したい」「月々のお小遣いの足しにしたい」「結婚資金、住宅購入用に」「老後の資金に」なんてキャッチコピーが並んでいますが、これってほとんど犯罪行為じゃないかって思いますよね。

FXは貯蓄ではないのはもちろん、投資でもない。まさに投機、バクチです。株や債券は経済成長とともに誰もがハッピーになることができるので、投資と呼んでいいでしょう。しかし、FXは為替相場の動きを当てるだけのゼロサムゲームで、誰かが勝てば、どこかの誰かが必ず損をする仕組みになっています。

ファイナンシャルプランナーで資産運用の一つの手段としてFXをすすめる人がいますが、そのリスクを理解しない人に対してどうしてそんなアドバイスができるのか、いちど機会があればじっくり話を聞いてみたいと思います。



2011年01月27日

独立系ファイナンシャルプランナーだから中立というわけではない。

ファイナンシャルプランナー(FP)は中立なのか? 「保険会社や銀行に属している企業内のFPと違って、独立系のFPであれば中立的な立場からアドバイスができる」というのはウソです。実は、独立系FPが中立であるというイメージを利用して、金融商品を販売するような手法もあります。

たとえば、独立系FPが無料の保健相談を行うというサービスがありますが、最終的には保険販売の手数料収入によって収益をあげています。そうなると、手数料をかせごうとして不要な保険まで売りつけるような人がでてきます。具体的なサービス名はあげないけれど、「無料保健相談」みたいなキーワードで調べると見つかります。

それなら「相談料をとってアドバイスするFPなら中立なのか」といえば、実はそのFPが保険の代理店を兼ねていて、相談料と販売手数料の二重取りをするという可能性も考えられます。もしそのFPが中立を看板にしているならとても悪質ですよね(もちろん最初から保険代理店であることを明らかにした上で商売するならいいですけど)。

良心的なFPであれば、販売手数料をかくれて受け取るようなことはせず、完全に相談料や講演、執筆だけで収益を上げています。これなら確かに、特定の金融商品を売りつけようという力が働かず、お客さんの利益を損なう危険性も小さいでしょう。

でも、販売手数料を受け取らないビジネスモデルであっても、「中立」という言葉が果たして適切なのか、最近悩んでいます。私も「中立」という看板をかかげていますが、偏見とか固定観念、先入観、思い込みがあると思うんですよね。

私の場合、ファイナンシャルプランナーになったきっかけが「保険屋にだまされた」という怒りですから、保険に対してどうしても厳しい立場をとってしまいます。保険という商品が悪いわけではないことは頭では理解してるんですけど、なるべく保険を使わない方向で設計しようと考えます(もちろん、そこには合理的な理由があります)。いろんなファイナンシャルプランナーの方と話をしてみると、やはり皆さん何らかの傾向があるようです。まあ、誰が間違っているというのではなく、それぞれの個性だと言えるのかもしれません。

果たして私がつねにお客さんの利益を最大化するようにアドバイスができているのか。もしかしたら、私の考え方を押しつけているだけではないのか。かといって、「お客さんの希望に合わせて」なんて言っていると合理的でないプランができてしまいそう。お客さんが納得できず実行もできないプランを提案しても無意味なのですが、だからといってそこで迎合することはできない。

駆け出しのファイナンシャルプランナーとしては、日夜こんなことで悩んでいます。



2011年01月26日

70歳以上の高齢者の自動車保険が高くなる。かわりに若い世代は保険料が安くなる。注目されるのは高くなる部分だけ

損保ジャパンが自動車保険の保険料を値上げすることが報道されたのは1月6日のこと。その後、自賠責の値上げも決定されたようで、まだこんな記事(http://www.j-cast.com/2011/01/25086291.html)が出てくるくらい注目度が高いようです。要約すると「損保ジャパンは全体の保険料を1.5%の値上げするが、70歳以上では値上げ幅が8%以上になることもある。他の大手損保も追従する見通し」とのこと。

実は損保の代理店の人から、年齢別の保険料試算表を見せてもらいました。それはニュースなど報道から受けるイメージとまったく違ったものでした。ニュースだけを見ていると「保険料が高くなるけど、特に高齢者の上げ幅が大きい」としか受け取れませんが、保険料が安くなる年齢層も多いのです。

新しい料率では10歳刻みで保険料が違ってきますが、日常・レジャーで車を利用するユーザーにとっては50歳代以下だとおおむね保険料が安くなるようです。条件によっては22.8%も下がることがあるみたい。70歳以上は確かに保険料が高くなっていますが、それもゴールド免許で日常・レジャーなら値上げ幅は4.4%です。大きく値上げされるのは、70歳以上で業務使用、ブルー免許という条件です。あくまで、ある条件での試算なので条件が変われば数字も違ってきますが…。

「高齢者だけ保険料を値上げするのはけしからん」というのであれば、これまでも外資系の保険会社など年齢別に保険料を設定していたところがあったわけで、遅れて年齢別の保険料を導入した保険会社を批判するのもおかしいような気が。

「年齢別がけしからん」というなら、すべての年齢で同じ保険料にすればいいのか? 今まで大手損保は若い世代だけ高い保険料を設定していて、35歳以上はすべて同じ割安な保険料を適用していましたよね。民間の任意保険がリスクに応じて保険料を設定するというのは正しい方向だと思います。



2011年01月25日

自転車事故で数千万円の損害賠償。そんな事態に備えて個人賠償責任保険に入っておこう

保険に特約を付けるとき、よく起こりがちなことに備えたいと思いますよね。たとえば、医療保険だと入院5日目から給付金が出るものが多いけど、入院初日からもらえる保険の方が安心に思えます。でも、1〜2日の入院ですむような軽い症状であれば、経済的なダメージなんてほとんどないわけです。高い保険料をわざわざ払うくらいなら、差額を貯金しておいた方がいいんじゃないでしょうか。

一方、保険が大きな力を発揮するのは、起こる可能性はとても小さいけれど、もし起きたときはきわめて大きなダメージを与えるようなケースです。代表的なものが火災保険や自動車保険ですね。火事になって家を建て直すには一千万円以上はかかるだろうし、交通事故でケガをさせてしまうと何千万円もの補償が必要になるかもしれません。確率は小さいかもしれないけれど、もし当たってしまうと一生かかっても返せないほどの負債を背負うことになります。

自転車事故で数千万円の損害賠償! そんなときどうすればいい?

火災保険や自動車保険あたりは誰でも入っているでしょうが、意外に見落としがちなのが「個人賠償責任保険」です。何らかの理由で人に損害を与えてしまい、損害賠償を求められたときに備える保険です。たとえば、自転車に乗っていて人にぶつかってケガをさせてしまったとか、犬を散歩させていたらいきなり通行人にかみついてケガをさせたとか、スキー場で他の人と接触してケガを負わせてしまったとか。特に最近は自転車の事故が増えていて、何千万円もの損害賠償を支払えという判決が出たことも。こちらの記事などが参考になります。

ただ、自転車の事故を例にあげれば、どんな場合でも補償されるわけではありません。仕事中の事故であれば補償の範囲外になるし、故意に起こした事故や違法行為が元になった事故もおそらく補償されないでしょう。Wikipediaの解説もご覧ください。

「じゃあ、すぐに個人賠償責任保険に入ろう」と思われたかもしれません。しかし、すでにこの保険に入っている方も多いのです。自動車保険の多くには、個人賠償責任保険が特約として付いています。保険証券を確認してみてください。もし付いていないときは、代理店や保険会社に連絡して付けてもらいましょう。

自動車を持っていない人は火災保険に特約として個人賠償責任保険を付けられます。賃貸でも持ち家でも火災保険には入っているはずですよね。自動車保険と違って最初から付いていることは少ないみたいなので、保険会社や代理店に問い合わせて特約を追加するといいでしょう。また、クレジットカードの中には傷害保険が付いてくるものがあります。同じように個人賠償責任保険が付いていたり、割安な保険料で追加できるものがあります。カード会社に確認してみてはいかがでしょうか。ちなみに保険料(特約料)は意外に安くて、保険金額が1億円でも月の保険料は100〜300円くらいです。

個人賠償責任保険だけ単独で加入できるという商品はたぶんないと思います(私が知らないだけかもしれませんが)。自動車保険や火災保険に入っていないし、クレジットカードにも保険が付いていないというときは、掛金が安い共済に入ってみてはどうでしょうか。「COOP共済 医療コース」は月掛金が1000円で、そこに月120円をプラスすれば個人賠償責任保険を追加できます(http://coopkyosai.coop/lineup/iryou/guarantee.shtml)。

保障と補償の違いを知っていますか?

なお、個人賠償責任保険は、同居の家族が起こした事故に対しても補償がきくので、誰か一人が入っておけば大丈夫です。反対に「いっぱい入っておいた方が安心」という考え方は間違いです。個人賠償責任保険をはじめとする損害保険は、実際の損害額に応じて保険金が支払われます。3つの保険に入っておいたからと言って、3倍の保険金をもらえるわけではありません。重複して損害保険に入っていても保険料がムダになるだけです

意識して使い分けているのは専門家だけですが、生命保険は「保障」で、損害保険は「補償」です。「保障」は生活を守るためのものであり、「補償」は損害をおぎなうためのものです。

だって損害保険の場合、実際の損害額を上限にしておかないと、自分の家にたくさんの火災保険をかけてから火を付けるようなやつが続出します。自動車保険(車両保険)でも、いろんな会社の保険に入っておいてから事故を起こすと大もうけできることになってしまいます。一方、生命保険だと複数の保険に重複して入っていてもそれぞれから保険金がもらえますが、命と引き替えですからね。誰でもできるようなことではありません。



2011年01月24日

一家の大黒柱が亡くなっても遺族の収入がゼロにはならない。会社員の遺族なら月10万円以上の年金が出ることも

「生命保険は不要という事実」(http://news.livedoor.com/article/detail/5290004/)という記事が話題になっていました。ちょっと乱暴な話ではありますが、生命保険の必要性を考え直すきっかけとしては面白い記事だと思います。

生命保険に入る場合、保険金の額をどれくらいに設定すればいいのか。実は一家の大黒柱が亡くなったとしても、残された家族の収入がゼロになるわけではありません。子どもがいる家庭であれば「遺族基礎年金」がもらえます。もし亡くなった方が会社員であれば、「遺族厚生年金」がもらえますし、会社から「死亡退職金」「弔慰金」が出るでしょう。

下の図で「中高齢寡婦加算」というのは、40歳以上で子どもがいない女性がもらえる年金です。中高年の女性は仕事を見つけるのが難しいだろうということで年金が上乗せされます。遺族厚生年金に加算されるものなので、もらえるのは会社員の遺族だけです。

image

image

だったら、どれくらいの額がもらえるのか。

「遺族基礎年金」は、原則として「子ども(18歳=高校生まで)を持つ妻」がもらえます。「子どもがいない妻」はもらえません。また、子どもがいたとしても「夫」は受給資格がありません。もらえる額は1年あたり「79万2000円+α」です。「+α」は子どもの数によって決まります。第1・2子は年22万7900円、第3子以降は年7万5900円です。子どもが3人であれば、1年に132万3700円(=79万2000円+22万7900円×2+7万5900円)です。


「遺族厚生年金」は、厚生年金に加入していた人(要するにサラリーマンですね)が亡くなった場合、その遺族が遺族厚生年金をもらえます。こちらは子どもの有無は関係ありません。妻が残された場合、妻の年収が基準(850万円未満)を満たしていれば受給資格があります。しかも一生涯もらえます。どれだけもらえるかは、生前の平均給与や勤続年数によって変わってきます。一般的なサラリーマンであれば、年30~40万円くらいでしょうか。

両方を合わせると月10万円くらいの収入は確保できるわけです。これに遺族が働いて得る給与をプラスすれば、確かに最低限の生活はできるでしょう。それだけでは不十分だと思えるなら、生命保険によって上乗せすることを考えればいいわけです。実際に計算してみると、小さな子どもがいる場合でも何千万もの保険金が必要になることはあまりなさそうです。

ただし、亡くなった方が自営業(要するに厚生年金に入っていない)で、子どももいない家庭であれば、遺族は何ももらえません。夫婦二人だけで子どもや老親がいなければ、遺族は自分の面倒さえみればいいわけで、たいていは年金がなくてもなんとかなると思います。もちろん病気で働けないなんてときは、生命保険に入っておく必要があるでしょう。

image

image



2011年01月23日

近ごろ水泳がマイブームです

たまには個人的なことも書いてみよう。

近ごろ「水泳」がマイブームです。きっかけは昨年夏に受けた検診の結果が悪かったこと。中性脂肪とLDLコレステロールの値が高く、医者からは「クスリで下げることも考えた方がいい」と言われたため。でも、クスリは副作用が怖いし、お金もかかる。なんとか飲まずにすませられないかと悪あがきで始めたのが水泳です。比較的運動量が多くて、ヒザなどに負担がかかることもない。

そういう事情で、仕事がせっぱ詰まっている日、外せない用事がある日をのぞき、原則として毎日プールに通って30分は泳ぐようにしました。結果から言うと、中性脂肪はちょっと下がり、HDLコレステロールの値は少し上がったけれど、LDLコレステロールの値はほとんど変わりませんでした。

でも、検診の数値がどうこうより、水泳とは本当におもしろい! 力を入れたからといって速く泳げるわけではなく、水中の姿勢(ストリームラインと言います)とか手の微妙な角度の違いによって、スピードがぜんぜん違ってくるのです。

最初の2~3ヶ月はアマゾンで買った水泳の本を参考にして泳いでいたけれど、泳ぎが上達したような感触がほとんどない。試しに有料のプライベートレッスン(30分で3150円)を受けてみたところ、「たくさん直すところはあるけれど、まずは左手が体の内側に入りすぎるところを直しましょう」との指導が。それから30分間、左手の角度とタイミングを重点的に練習。本当にそれだけで進み方がぜんぜん違うのです。

それからは、無料のグループレッスンも受けて、そこで指摘された問題を重点的に練習することに。最初の2~3ヶ月は半分は義務感で泳いでいたけれど、ちょっとうまくなると泳ぐこと自信が楽しくなってきます。最初のころの半分くらいの力しか入れていないのに、スピードはずっと速くなった。

今では毎日7~800メートルは泳いでいると思います(きちんと数えていない)。日によって課題は違いますね。疲れているときはリラクゼーションでのんびり泳ぐし、元気なときはどうすればもっとスピードが出るかを考えながら泳ぐ。今日はどこまでストローク(手をかく回数)を減らせるかをテーマにしました。25メートルで14回まで減らすことができたけど、目標は25メートルを10回ですね。

とにかく水泳は健康にもいいし、泳ぐこと自体が楽しいのでおすすめです。