2010年12月30日

FP事務所の開業準備。4,440円/年で新しい電話番号を取得しました

image

FP事務所の名前は「マネーラボ・アルジェント」で決定。
なんとか年内にウェブサイトをオープンしようとがんばってます。

そこで問題になったのが、
お客さまからの問い合わせを受ける電話番号をどうするか?
できれば専用の電話番号が欲しいところです。
新しく電話線を引いてもいいけれど、
もし事務所を引っ越すとなれば電話番号が変わるのが難点。
だったら「050」で始まるIP電話の番号はどうだろう。

050電話にはこんな利点があります。
・どこに引っ越しても電話番号が変わらない
・全国どこからでも市内通話並みの料金(3分で10~11円)
・050を使う事業者も増えて認知度も高まりつつある

ではどうやって050の電話番号を入手するのか。
もっとも一般的な方法が、
プロバイダーのIP電話サービスを利用するもの。
追加料金なしでIP電話ができるところも多いはずです。
(ユニバーサルサービス料の月8円はかかるかも)

スカイプが一般電話と同じ感覚で使える

今回、私が試してみたのは、
「スカイプ」から050の電話番号をもらうというもの。
http://www.skype.com/
image

スカイプってパソコンが必須みたいに思われてますが、
オプションサービス「オンライン番号」を使うと、
スカイプのIDに050番号を割り当てることができ、
一般電話から電話番号を使ってかけてもらうことができます。

また「スカイプクレジット」を購入しておくと、
スカイプから電話番号を指定して一般電話に発信することも。

スカイプで通話をするときも、
iPhoneやAndroidなどスマートフォンを持っていれば、
スカイプのアプリをインストールして、
携帯電話とほぼ同じように使えます。

うちにはiPhoneが余っているので、
これをスカイプ専用機として使うことに。

2~3年前は「スカイプは面倒で普及しない」と見てましたが、
ここまで環境が整ってくると、
既存の電話には大きな脅威になりそう。
auのスマートフォンもスカイプ対応になったし。

image image

スカイプの050番号の初年度コストは4,440円

気になるところが050番号を持つコストです。
オンライン番号の値段は、
3カ月で2,250円、12カ月で7500円。

ただし、「月額プラン」(発信時の通話料を定額にする)に入っていると、
オンライン番号の12カ月契約が50%オフになります。
月額プランを1カ月分(690円)だけ契約すれば50%オフの適用をうけられるので、
4,440円でオンライン番号を1年間持てるという計算です。

さらにオンライン番号は、
空いている番号から好きなものを自由に選べるのです。
検索機能があるので、語呂合わせの番号を持ちやすい。
下の写真が番号を選んでいるところ。
ということで、
「Go! Go! サンキュー! 苦労をゼロに」
という番号をゲットしました!
覚えやすいでしょう。

image

スカイプの信頼性がどうかは未知数

コスト面では激安の050番号ですが、
果たして信頼性がどうなのかは未知数です。
いろんな組み合わせで品質をチェックしたところ、
ちょっと遅延はあるかもしれないが、
携帯電話以上の品質は確保できそうです。

心配なのがいつでも確実に電話を受けられるか?
ネットの口コミでは「通じないことがある」「片方の声しか聞こえない」
なんてトラブルもあるようです。
でも、携帯電話でも同じようなトラブルはしょっちゅうあるわけで、
どうしてもダメならそのときは他の方法を考えればいいと割り切り、
スカイプの050番号でスタートすることにします。

スカイプの使い心地、これからもレポートしていきます。



at 12:17│Comments(0)TrackBack(0)雑記 
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。