2011年01月08日

メタボ脱出 ダイエット大作戦!(4) ルール3 夕食後、3時間は寝てはいけない

ダイエットシリーズの続きです。メタボ脱出を目指したダイエットで、次の3つのルールを決めました。

  1. 白米の代わりに玄米を食べる
  2. 間食はいっさいしない
  3. 夕食を食べてから3時間は寝ない

今回は「ルール3 夕食を食べてから3時間は寝ない」です。

夕食の時間がバラバラでも大丈夫

病気にならない生き方」では、「睡眠の4~5時間前から、胃に何も入れない」と書いてあります。本を引用しなくても、「寝る前に食べると太りやすい」というのは常識になっていると思います。そこで夕食の時間を早めようと努力したのですが、12時に寝るのであれば8時前には夕食を終えなければなりません。これは仕事を持っている人の生活パターンではかなり難しいはず。サザエさんの一家みたいにお父さんが明るいうちに会社から帰ってくるなら実現可能かもしれませんが。

そこでちょっと条件を緩和して「食べてから3時間は寝ないようにがんばる」とルールを書き換えることにしました。これなら夕食の時間が一定しなくても大丈夫。9時に食べたら12時までは起きている。10時なら翌1時まで。当然ですが間食禁止のルールがあるので、寝る前におなかがすいても何も食べません。水を飲んでごまかすのみ。

「3時間は寝ないルール」はダイエットに有効なだけでなく、熟睡できるというメリットもあります。以前は寝る前にちょっと食べ過ぎたり、脂っこいものを胃に入れたりすると、夜中に気持ち悪くなって目が覚めるなんてことがありました。消化しきれなかった胃の内容物がノドまで逆流してくるようなかんじです。これがまったくなくなりました。

そうは言っても、眠気に勝てずに食後3時間たたないうちに寝てしまうこともありますが、それは仕方ありません。完璧を目指そうとすると長続きしないので、ダメなときはさっさと寝てしまうに限ります。振り返ってみると、厳格にルールを守り続けたのは「ルール2 間食はいっさいしない」だけで、他のルールは守れないこともけっこう多かったですね。

無理なく続けられるルールを作ることが重要

最初は「体重を減らそう」と積極的に考えていたわけではなく、「病気にならない生き方」を読んで「少しでも生活改善をしよう」と思っただけでした。そこで実践しやすいように「3つのルール」にしぼりこんだわけです。

それなのに、開始から1カ月くらいで3キロ近く体重が減り、おなかの周りもけっこうすっきりしてきました。特に運動を増やしたわけでもなく、「食べたい、呑みたい」を我慢したわけでもありません。ダイエットは無理なく続けようとした生活改善の副産物でした。

皆さんも無理なく続けられる生活改善のルールを作ってみてはいかがでしょうか。私のルールでなくても、自分にとって実行しやすいルールを作るのが重要だと思います。

ここまでが私のダイエット計画の第一段階です。メタボを脱出するための生活改善はさらに続きます。

病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- 病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
新谷 弘実

サンマーク出版 2005-07-08

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。