2011年01月15日

リターンの裏には必ずリスクがある。利回りの高さにまどわされてはいけない

昨日の日経新聞の一面に「個人マネー、利回り重視 10年の投信買い越し倍増」という記事がありました。年10%以上の分配金を出す投資信託もあって、こうした投資信託を個人で購入する人が増えているようです。

いや、金融機関が利回りの高さを前面に出して売りまくっている、という表現の方が正しいかもしれません。実際に私のところにも「定期預金の満期がきたので銀行に行ったら、ブラジルの何とかをすすめられた」みたいな相談が来ていました。

定期預金でも年1%に満たない利息しかつかない現在、年10%もの分配金を出す金融商品はすごく魅力的に見えます。それ以外にも、年3%とか5%もの利息を付ける外貨預金はすごくおトクに思えます。

でも、ローリスク・ハイリターンの金融商品はけっして存在しない、という大原則を忘れてはいけません。リターンが大きいということは、それだけ損をする可能性も大きいのです。もしリスクなしで大もうけできる金融商品があったら、みんなそれを買ってますよ。利回りが高い商品があったら、何か裏があると考えてみるべきです。

元本を取り崩して高い分配金を払っていることもある

実際の商品で見てみましょう。分配金の高さで有名な投資信託に「グローバル・ソブリン・オープン」があります。略して「グロソブ」と呼ばれています。グロソブの直近1年の分配金利回りは7.8%です。詳しいデータはモーニングスターのこちらで見られます。

でも、グロソブの基準価額を見てみると、1年前(2010年1月15日)は6,314円だったのに対し、現在の数字(2011年1月13日)は5,312円に下がっています。約15%の下落です。どういうことかと言えば、元本をとりくずして分配金にあてているわけです。トータルで見れば、だいたい10%くらいのマイナスになります。

グロソブの基準価額の推移もモーニングスターのサイトで見られます(http://www.morningstar.co.jp/FundData/Chart.do?fnc=1997121801)。標準設定では過去1年間の推移を見られますが、期間を選ぶと過去10年間の推移を見ることもできます。

image

10年間でずいぶん下がっていますが、これはファンドマネージャーの運用が下手なわけではなく、分配金を出し続けているためです。モーニングスターのチャートで「分配金込み(受取)」にチェックを付けると、元本と分配金を合わせたらプラスにはなっていることが分かります(下のグラフで黒い細線です)。まあ、けっして損をしているわけではないけれど、利回りの数字から期待する結果からするとずいぶん低い数字です。

image

もし年7.8%の定期預金があったとすれば、100万円を10年間預けておけば212万円になっています(1年複利)。グロソブの場合、10年間持ち続けても20%強しか増えていません。老後に備えて資産運用しようという人におすすめできる商品ではありません。どちらかと言えば、リタイアした人が資産を取り崩しながら毎月の生活費に充当するような商品でしょう。その場合でも、もっと効率的で安全な運用方法が別にありそうです。



トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。