2011年01月22日

国民健康保険の保険料が1.8倍になる!という報道に腰を抜かした件

先日の赤旗に「低所得者に国保料増 計算方式全国一本化 負担1.8倍も」という記事が掲載されました(http://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2011-01-20/2011012001_01_1.html)。

赤旗の報道を要約すると、

国民健康保険の保険料を計算するやり方として「住民税方式」と「旧ただし書き方式」の2つがあるらしい。そして、住民税方式に比べると旧ただし書き方式は保険料が高くなる傾向にある。民主党政権は全国的に旧ただし書き方式に統一する方針を決定した。これによって、特に低所得者は保険料がアップする。最大1.8倍も保険料が高くなることがある。けしからん。

本当だったら大変なことですよね。人ごとではないぞ! 私もびっくりして、どういうことか調べてみました。

ネットで検索してみると国民健康保険について詳しいサイトがすぐに見つかりました(http://sky-tree.net/ins/calc.htm)。その情報によると、全国でたくさんの自治体がありますが、その98%が旧ただし書き方式を用いている。住民税方式を採用しているのは、東京23区や横浜市、名古屋市、神戸市などごく一部

東京都の場合、東京23区の他、武蔵野市だけが住民税方式を用いていて、後はすべて旧ただし書き方式のようです。その中の東京23区も元々今年4月から旧ただし書き方式に移行することが決まっていたらしい。なぜ旧ただし書き方式に移行するかは、こちらのサイトに理由が詳しく述べられています(http://www.tokyo23city-kuchokai.jp/katsudo/kokuho_iko.html

要するに「低所得者に国保料増」という構図が当てはまるのは、全国でも一部の自治体に限られるということですね。まあ、住民税方式を採用しているのは大都市が多いので、人口で考えると割合は少し高くなるかもしれません。それにしても「低所得者に国保料増」という見出しはちょっと大げさかな。私のブログも見出しと内容が一致していないことがあるので、あまり人のことを言えませんが…。

国民健康保険の保険料は、自治体ごとに計算方法が異なっています。どこに住んでいるかで保険料が大きく違ってくる。だから、住民票を移すだけで保険料が安くなるといったテクニックもあったりするわけです。他にも国民健康保険についてはさまざまな裏ワザがあって、公平な負担という点からは問題があるなあと以前から思っていました。計算方式を統一するという方向はけっして間違っているとは思いません。ただ、低所得者が払えないような水準になるのも問題なので、この機会に議論が高まることを期待します。



トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。