2011年03月07日

もう確定申告は終わりましたか? 来年こそはあわてないように今から準備しましょう

もうすぐ確定申告の期限がやってきます。申告は3月15日までに。

しかし、サラリーマンで会社が年末調整をやってくれていて、住宅ローン控除や医療費控除で税金が戻ってくるという方は、3月15日の期限が過ぎてしまっても大丈夫。5年間のうちに申告すれば税金は戻ってきます(http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2030.htm)。もちろん早めに申告すればそれだけ早く税金が戻ってきますが、仕事が忙しくて申告の準備ができない人は、4月以降に落ち着いてからでもかまいません。

一方、自営業やフリーランスで確定申告の義務がある場合、期限に間に合わないと「無申告加算税」が課されます(http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2024.htm)。しかし、フリーランスでギャラの10%分が源泉徴収されている場合、たいていは確定申告によって税金が戻ってきます。すでに払うべき税金を納めているわけで実質的なペナルティーはありません。仕事がたてこんで3月15日までに申告できなくても、なるべく早めに申告すればいいのです。

でも、期限ぎりぎりに計算をするのでは、もし予想以上に利益が大きく、多額の税金を支払うことになったとしても対策がとれません。12月になったらおおざっぱでもかまわないので、利益がどれくらいあるかを計算しておき、もし利益がたくさん出ているなら年内に必要な買い物をしておく。こうして不要な税金を支払わないようにしたいものです。年を越えてしまうと節税の手段がほとんどなくなってしまいます。

青色申告用の会計ソフト(個人事業者向けなら1万円以下で買えるものもあります)を導入して、普段から売り上げと経費をこまめに入力しておく。そして利益(もしくは損失)がどれくらいでているか把握しておく。こうすれば3月になってからあわてることもなくなるし、無駄な税金を払うこともなくなりますよ。



トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。