2011年03月11日

東北地方太平洋沖地震。池袋駅周辺の状況

東北地方太平洋沖地震では東京でも大きな揺れを感じました。被害にあわれたかたにはお悔やみ申し上げます。

我が家では組み立て家具が壊れてしまい、夕方(午後6時ごろ)に補修用の部品を池袋の東急ハンズまで買いに行きましたが店が閉まっていました。池袋をあたりを自転車で一回りしたところ、半分以上の店は休業していました。

駅前にあるヤマダ電機やビックカメラは店を開けていて、テレビの前は情報を得ようという人がたくさん集まっていました。また、日が沈んでからは気温が下がってきたので、その避難先としても機能していたようです。JRも地下鉄も止まっているので、動きをとれない人が暖をとるためにこれらの店を利用していたようです。階段にはたくさんの方が座り込んでいました。

公衆電話の前では長い行列ができてしました。一台の電話の前に数十人という単位の人が並んでいます。駅の周辺では携帯電話が通じなかったので、それだけ行列が長くなったのだと思います。しかし、自転車で少し池袋駅から離れると(徒歩10分くらいのところ)、携帯電話は通じるようになりましたし、公衆電話を待つ人の列も数人になっています。今回の地震では駅から少し離れるだけで、通信状況は大幅に改善するように見えました。

列車がほぼすべて停止していたため、交通も大混乱していました。バスの前にはこれまで見たことがないほど長い行列ができています。どのバスもデッキまでスシヅメ状態でした。しかも渋滞がひどくて、バスがなかなかこないようでさらに行列が長くなっているようです。

徒歩で帰宅する方も多く見かけました。池袋近くの六又交差点ですが、渋谷駅の前のスクランブル交差点と見間違えるほどの多くの人が信号待ちをしています。また、明治通りに沿って自転車で走ろうとしましたが、車道は自動車でいっぱいで、歩道も人が多くて押して歩くしかない状態です。

川越街道の方を見に行ったところ、やはり徒歩で帰宅をめざす人で歩道はいっぱいです。自転車は押して歩くしかありません。前を歩いていた方が道路の標示を見て、「成増まで10キロかあ」とタメイキ混じりにつぶやいていたのが印象的でした。しかし、殺気だったかんじはまったくなく、みなさん淡々と家路を急いでいました。

川越街道沿いにはドンキホーテの大型店舗がありますが、やはり店を閉めていました。しかし、自転車だけは店頭で販売しているようで、自転車を買い求めようという数十人の方が列を作っていました。自転車は組み立て、調整してから売る必要があるので、行列の外には引き渡しを待つ人もたくさん待っていました。

テレビによると公共施設の多くを帰宅困難者向けに開放するとのこと。池袋の近くでは立教大学も受け入れを始めたようです。

道路は渋滞がひどいです。明治通りや川越街道など大きな通りだけでなく、夜になると普段はガラガラの生活道路も自動車でいっぱいです。

震度5弱の東京都豊島区でもこれだけ混乱しているので、震源にもっと近い地域がどうなっているのか心配です。



トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。