2011年03月12日

災害時の情報収集の重要性。ワンセグの役割を再確認

3月11日の東北地方太平洋沖地震では東京でも大きな揺れを感じました。交通機関が止まってしまい、多くの人が勤務先や外出先で足止めをくらってしまったと思います。しかし、地震後に池袋に行ったところ、みなさん冷静に行動されていたように見えました。やはり十分な情報が提供されていたので、必要以上の不安を持たずにすんだせいではないかと感じました。

私の家でも電話は通じなくなりましたが、ネットは使えたのでメールでの連絡を取ることはできました。外でも携帯電話での通話はできなくても、データ通信はかろうじて生きていたようです。夕方に池袋を歩いたところ、メールだけでなく、ツイッターで情報を集めたり、連絡を取り合っている人を何人も見かけました。

ワンセグも重要な役割を果たしていたようです。特に地震直後は通信が大混乱したので、もっとも確実な情報の入手先として機能していたようです。私は「ワンセグなんで不要」と思っていたけれど、ちょっと考えを改めました。



トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。