2011年03月18日

プロ野球はスケジュールを調整して開催してほしい。必要以上の自粛は必要ない

地震の影響で首都圏でも計画停電が実施されています。我が家は計画停電の区域に入っていませんが、少しでも停電する範囲が狭くなるように暖房を止めて、電化製品の使用も最小限にとどめています。

こうした中で、プロ野球のセントラルリーグが3月25日に開幕を決めたことが批判を浴びています。東京ドームの一試合が6000世帯の1日分の電力消費に当たるらしく、文部科学省まで自粛を要請する事態になっています。心情的には確かに自粛した方がいいように思えます。私も暖房なしで寒い思いをしているのに、野球の試合でじゃんじゃん電気を使うなんて納得できない気持ちがあります。

でも、「あれもダメ、これもダメ」と自粛ばかりしていくと、経済活動がとどこおってしまう。飲食店は閑古鳥が鳴いていて、この状態が続くと店を閉めることを考えなければならないという話も聞きます。私はフリーライターという仕事をしていますが、みんなが「雑誌を読むどころじゃないぞ」と売り上げが落ちてしまうのを心配しています。

プロ野球も開催地を変えるとか、デーゲームにするといった工夫をすれば電気の消費を押さえられるはず。何万人もの人が動くプロ野球の試合は経済効果も大きいだけに、なんとか工夫で乗り切ってほしいものです。

また、電気や移動の問題さえ解決できるのであれば、みんな自粛とかすることなく日常の生活に戻るべきだと思います。無駄づかいをすることはありませんが、不安感からみんなが財布のひもを締めて、経済がどんどん悪くなっていくことを心配しています。

「自分だけ楽しい思いをするのは被災者に申し訳ない」という気持ちがあるかもしれません。しかし、日常の生活を取り戻して、経済の動きをスムーズにするのが、復興支援にもつながるはずです。



トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。