2011年03月22日

デスクライトをLED電球に交換して節電に貢献しよう。消費電力は蛍光灯の3分の1に減らせる

節電の工夫にもいろいろありますが、中でも効果が大きいのが照明をLEDに替えることです。我が家でも階段や廊下など点灯時間が長い箇所はLED電球に付け替えました(震災後はこのLED電球も消していますが…)。

さらにデスクライトもLEDに替えました。LEDデスクライトはいくつか発売されていて、見た目もなかなかスマートですが、値段が高いのが唯一の難点です。たとえば、この製品など3万円もします。いくら電気代が安くなるとしても、元をとるまで何年かかることやら。しかも、LEDはこれからまだまだ進化を続け、値段も下がっていくでしょう。

Slimac スワン電器 LEDICEXARM レディックエグザーム デスクライト ブラック LEX-951BK Slimac スワン電器 LEDICEXARM レディックエグザーム デスクライト ブラック LEX-951BK

スワン電器 2008-11-01

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

そこで、私が思いついたのが、電球用のデスクライトにLED電球を組み合わせる方法です。安いデスクライトなら2000円くらい、LED電球も3000円くらいで買えます。あわせて5000円程度。

しかし、デスクライトなんてそう買い換えるものではないので、どうせならブランドものがいいだろうと、私は定番の「Zライト」を選びました。私が使っているのは下の2つです。

Z-LIGHT Z-108 B ブラック Z-LIGHT Z-108 B ブラック

山田照明

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
E26口金一般電球タイプ 60W相当 スタンダード 昼白色モデル DL-LA81N E26口金一般電球タイプ 60W相当 スタンダード 昼白色モデル DL-LA81N

シャープ 2010-08-20

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

それまでは蛍光灯のデスクライトを使っていたんですけど、その消費電力が27W。それに対してLED電球は10W以下です。3分の1以下に減りました。消費電力が少ないということは熱も出ないわけで、ほとんど熱くなりません。特に夏は快適です。

気になる使い勝手ですが、十分に明るい。これまでの蛍光灯とあまり違いを感じません。ただし、光があまり拡散しないので、影は強めにでるような気がします。蛍光灯との違いはスイッチオンですぐに明るくなるところ。気軽にオンオフできます。

Zライトはブランドものだけあって作りがしっかりしています。上下左右に自由に動かせるのはもちろん、思った場所にピタッと止まってくれます。明るくしたいところをキチッと照らせるのがいいですね。

image

正直なところ、蛍光灯からLED電球に替えることで節約できる電気代はしれています。節約できる電力が20Wだとして、一カ月に節約できる電気代は100円くらい(一日8時間使用、1KWhを20円と仮定)。蛍光灯にくらべてLED電球の方が寿命が長いことを考えに入れても、元をとるまで何年もかかりそうではあります。しかし、節電に貢献できているという精神的な効用もあるので、けっこうお得な買い物だと思います。



トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。