2011年03月26日

計画停電を乗り切るバッテリには「ディープサイクル」がおすすめ。繰り返し充電でも劣化しにくい

昨日は「自動車用バッテリを使えば計画停電を乗り切れるのではないか」と書きましたが(http://moneylab.ldblog.jp/archives/51694669.html)、アウトドア派の友人から「ディープサイクルのバッテリの方がいい」と指摘を受けました。

自動車用のバッテリは常に充電したまま使うことが前提になっているので、バッテリを使って空にしてしまうと劣化します。しかし、キャンピングカーや電動車イスなどで使われるディープサイクルバッテリは、充放電を繰り返すことを前提に設計されています。計画停電に備えるなら、こちらを使った方がいいですね。

すみません。自動車用バッテリは撤回です。

ディープサイクルでは「ACデルコ」のバッテリが定番のようです(http://www.acdelco-japan.jp/)。いくつか種類がありますが、マリン用の「Voyager Battery」というシリーズが今回の用途に最適だと思います(http://www.acdelco-japan.jp/pdf/batteries_marinemaintenance.pdf)。深い充放電を繰り返す用途に特化して、バッテリ液の補充などのメンテナンスも不要です。そういうわけで、我が家ではさっそくバッテリと専用充電器をセットで導入しようと思います。セットで3万円をちょっと超えるくらい。

ACデルコ ボイジャー 105Aバッテリー M27MF ACデルコ ボイジャー 105Aバッテリー M27MF

ACデルコ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ACDelco(エーシーデルコ) 全自動バッテリー充電器 12V専用 AD-0002 ACDelco(エーシーデルコ) 全自動バッテリー充電器 12V専用 AD-0002

ACDelco(エーシーデルコ)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


しかし、バッテリと充電器はなんとかなりそうですが、インバータが入手困難です。震災の影響なのでしょうか、ネットで探しても「メーカー欠品」「納期未定」ばかりです。インバータがないとバッテリから100V交流を作れません。バッテリが届いても使用感をレポートできるのはちょっと先になりそうです。



トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。