2011年04月04日

地震保険だけでは住宅再建資金をまかなえない。どんな支援や対策があるのか?

地震や津波で住宅が破損したときに備えて「地震保険」があります。しかし、これは火災保険に追加する形で加入するものであり、その保険金額は火災保険の最大50%と決められています。たとえば、住宅を再建するために2000万円が必要だとしても、地震保険では最大1000万円しかカバーできません。もし保険料を節約するために保険金額を低めに契約していたときは、受け取れる保険金はもっと少なくなります。

損壊した住宅のローンが残っていた場合、再建のためのローンがそこに上乗せされることになります。当初の住宅ローンでもきびしいのに、もっと負担が増えては大変です。そこで、地震保険での不足分をカバーするためにどういう制度があるのかを調べてみました。

被災者生活再建支援金

国の制度で、被災者の生活再建を支援するもの。阪神淡路大震災後に生まれました。住宅が全壊か大規模半壊した世帯が対象です。全壊した住宅を建て直す場合は300万円が支給されます。

義援金

集められた義援金は、「義援金配分委員会」が被災者にたいしてどう配分するかを決定します。集まった額と受け取る人の数によって、どれくらいの額をもらえるかは違ってきます。阪神淡路大震災では、住宅損壊見舞金として10万円、住宅助成義援金として30万円が配分されました(詳しくはhttp://kobe.kazamidori.net/scrap/shinsai2.htmを参照ください)。

地方自治体の「災害見舞金」

地方自治体が「災害見舞金」を支給することがあります。今回の東日本大震災では、すでに宮城県名取市が家屋全壊・全流出の世帯を対象に10万円の見舞金を支給しています(http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011032901000436.html)。

地震補償保険「リスタ」

日本震災パートナーズが「リスタ」という地震補償保険を販売しています(http://www.jishin.co.jp/)。火災保険や地震保険などに加入していなくても、リスタ単独で契約できます。もちろん地震保険に上乗せするかたちで利用してもかまいません。東京都の木造家屋で保険金額が900万円(全壊)の場合、年間の保険料は30,280円です。

なお、いわゆる地震保険だと同じ条件で保険料が28,170円であり、リスタよりも割安です。また、地震保険は保険料が所得控除の対象なので税金が安くなるというメリットもあります。すでに火災保険に加入しているなら、まずはその保険会社で地震保険を追加すべきです。

そのほかの保険・共済

東京海上日動の「超保険」という商品には、地震による損害を最大100%補償する特約があります(地震危険等上乗せ担保特約)。この保険と特約を使えば住宅再建で大きな負担を避けられます。

共済でも地震に対応したものがあります。たとえば、全労済の「自然災害保障付火災共済」(http://www.zenrosai.coop/kyousai/kasai/)やJA共済の「建物更正共済」(http://house.ja-kyosai.or.jp/)です。


災害復興住宅融資

フラット35でおなじみの住宅金融支援機構が実施しています。地震で被害を受けた人が住宅を再建するときに融資を受けられます。民間の金融機関の他にもこういうところから借り入れができる可能性があるわけです。この融資も金利支払いが必要ですが、自治体によっては金利分を補助する制度を実施していることもあります。


義援金や災害見舞金、被災者生活再建支援金では、とうてい住宅の再建資金をまかなえないため、地震保険は必須と言えます。

以下の地図は今後30年以内に震度6弱以上の地震が発生する確率を表しています。色が濃いところは地震が起きる可能性が高いところ(http://www.jishin.go.jp/main/chousa/08_yosokuchizu/2008yosokuchizu_rep.pdf)。実は色が薄いところでも地震の被害は起きているわけで、日本のどこにいても安心というわけではありません。

また、地震の揺れに耐えられたとしても、その後の火災にまきこまれることもあるし、液状化で家が傾いてしまうこともあります。被害にあう可能性が比較的高く、しかも損害は1000万円以上になります。やはり地震保険は欠かすことができないと思います。可能であれば上乗せする方法も考えておきたいですね。

image

今回は住宅という視点から支援策を見てきましたが、実は他にもさまざまな公的な制度がありました(http://www.bousai.go.jp/fukkou/kakusyuseido.pdf)。どんな制度があるのかを知っておけば、災害に対する備えをするときの参考になると思います。



トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。