2011年05月08日

1度の傾きがどれくらいなのか。電卓を使って計算してみる

以前に地震で家が傾いたとき、どれくらいの傾きで地震保険がおりるのか。どうも判定基準はかなり複雑なようです。少なくとも基礎や柱、屋根などに損傷がなく、傾き(1度未満)だけの場合は保険金が支払われない可能性が高そうです。

「1度の傾き」というと大したことがないように聞こえますが、実際に計算してみるとかなり急な傾斜です。試しにパソコンの電卓で計算してみましょう。六畳間の長辺が2間(360センチ)だとして、傾きが1度だとします。すると部屋の両端の高低差がどれくらいになるのか。

image[5]

ここで役に立つのが高校のときに習ったはずの三角関数です。高さを求めるには、底辺の長さに傾きのタンジェント(tanθ)をかけます。つまり、「360×tan1°」です。

ウィンドウズに付属する「電卓」では、メニューから「関数電卓」に切り替えます。まずは左上で「Deg」が選ばれていることを確認しましょう(これは角度の単位の設定です)。「tan1°」を求めるには、「1」を押してから「tan」を押します。結果が「0.017455…」と求められました。

image

次に「*」「360」「=」の順にボタンを押します。これで「tan1°×360」が求められます。結果は「6.28382…」。要するに1度の傾きだと六畳間の長辺では6センチ以上の差ができてしまうわけです。板の間であればビー玉を置くと勢いよく転がっていきそう。

image

政府の被害認定基準ではだいたい3度で「全壊」と認められます。その場合も同じように電卓で計算できます。六畳間の長辺で約18.9センチもの高さの差ができます。これではどう考えても住むことはできないでしょう。

ちなみにピサの斜塔の傾斜は5.5度らしいです。おかしいな。以前に4度くらいだと聞いた覚えがあるんですが、傾きがひどくなっているんでしょうか。



トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。