2011年05月10日

タダでテレビやパソコンを回収してくれるサービスを頼んでみた

連休中に本棚を新調したのをきっかけに(http://moneylab.ldblog.jp/archives/51726311.html)、この数日はずっと掃除に熱中しています。まずはもう読まない本の中で売れそうなものは古本屋に持って行きそれ以外は古紙回収に出す。また、CDも聞くものだけはパソコンに取り込んで、すべて売るか捨てるかしてしまいます。残しておく本やCDは必要なものか、どうしても捨てられない思い出があるものだけ。

これだけでもかなり家の中がスッキリしましたが、次に処分したいのが電化製品のいろいろ。デジタル未対応のブラウン管テレビとか、10年くらい前に買った14型の液晶モニターとか、テープを入れるとからまって再生できないVHSビデオデッキとか、ランプがつかないスキャナーとか、ウィンドウズ95で動く古いノートパソコンとか、もう使うことがないマザーボードや拡張ボードとか、とにかく山のように電化製品があります。

もう「お金を払って捨てるしかないなあ」と思っていたところ、今朝の新聞に「パソコン・テレビ・家電製品 完全無料訪問回収」という折り込み広告が。さっそく電話をかけて取りにきてもらうことにしました。パソコンファームという会社がやっている不要品回収サービスです(http://www.highbridge-computer.jp/recycle/)。通常は出張料がかかるけれど、東京都の豊島区・北区は期間限定で無料回収してくれます。

電話で問い合わせたところ、電化製品だけでなく、不要なパイプラックみたいな金属ゴミももっていってくれるとのこと。ただし、ガラスや木と組み合わせた家具などリサイクルが難しいものはダメなこともあるようです。

ふつうはリサイクル料金が発生するところ、どうしてこの会社は無料でできるのか。ウェブサイトによると、たとえばブラウン管はもう製造中止になっているので、検査・修理によって販売できるらしい。また、液晶パネルも再利用されるほか、故障して利用できないものはインジウムなどのレアメタルを取り出すとのこと。さらにパソコンなどの電子基板からは、金や白金、パラジウムなどの材料を回収できるようで、無料でも収益を上げられるみたいですね。

こちらの記事によると(http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/hot/20101213_412715.html)、回収したパソコンの中でも価値があるものは再販売されるようです。HDDの中身は業者の方できちんと消去してくれると書かれていますが、万が一の可能性を考えてやはり自分でも消去しておいた方がいいと思います。



トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。