2012年02月26日

2年契約とポイント利用で通信料金が安くなる。フレッツ光は「にねん割」で1000円以上安くなることも

NTT東日本のフレッツ光で新しい割引制度「にねん割」が3月1日からスタートする。フレッツ光ネクスト/Bフレッツの戸建てサービスを対象に、2年契約時の月額利用料金を割り引くもの。これまで5,460円だった月額利用料金が、735円安い4,725円になる(http://www.ntt-east.co.jp/release/detail/20120220_01.html)。ただし、2年ごとの契約更新月を除く期間に解約した場合、9,975円の解約金が発生する。携帯電話の2年契約と同じ形だ。

さらにフレッツ光の会員向けサービス「フレッツ光メンバーズクラブ」に入会していると毎月100~500ポイントが付与される(1年目は100ポイントで、1年ごとに100ポイントずつ増えていく)。このポイントはNTT東日本の料金支払いにも充当できるため、実質的には835~1235円の引き下げになるわけだ。

他の通信サービスでも2年契約で安くなることがある

フレッツ光以外にも長期契約での割引を提供するプロバイダーは多い。たとえば、Yahoo! BBは2010年に2年契約の「バリュープラン」を開始している(http://bbpromo.yahoo.co.jp/promo/ybbvalueplan/)。それまでは8Mbpsで月3,117円だったのが、バリュープランに乗り換えると12Mbpsで1,724円になる。スピードが速くなってさらに月に1,393円も安くなる(ただし、切り替えには手数料が必要)。

また、私が加入しているASAHIネットでは、光ファイバ向けのコースに1年という最低利用期間を定めた新コースが登場した。電話一本で切り替えができ、手数料もかからずに月231円安くなる(http://moneylab.ldblog.jp/archives/51777931.html)。

このように後から割引サービスが登場することもあるので、自分のプロバイダーのウェブサイトをチェックしてみるといいだろう。携帯電話も同じように、新しい割引サービスが次々に登場するから、ウェブサイトでチェックする他、ショップでカタログを手に入れて目を通してみよう。

ポイントサービスには忘れずに登録しておく

もうひとつ、プロバイダーが実施しているポイントサービスも積極的に活用したい。「フレッツ光メンバーズクラブ」(https://flets-members.jp/)は加入するだけで2,000ポイント、さらに契約期間中もマンスリーポイントや継続ポイントが付与される。このポイントはEdyなどの電子マネーに交換するほか、NTT東日本の料金支払いに使える。BIGLOBEの「Gポイント」も同様のサービスだ(http://gpoint.biglobe.ne.jp/)。

どちらも共通しているのは、登録しないとポイントを受け取れないところ。携帯電話では自動的にポイントが付くし、請求明細に獲得ポイントが記載されている。また、機種変更時にポイントを利用するかどうか確認されるため、ポイントがムダになることはない。しかし、プロバイダーのポイントサービスは意識して登録しないと、その存在を知らないまま放置することになりかねない。特にフレッツは1年で1万ポイント近くになることもあるので、早めに登録しておきたい。



トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。