2012年05月29日

デルの超小型モバイルプロジェクター「Dell M110」を購入しました!

貸会議室でプロジェクターを借りると一回何千円もとられることがあります。これから定期的に勉強会やセミナーを開催していきたいと考えているので、思い切ってプロジェクターを購入しました。

いろんな候補の中から選んだのが「Dell M110」です(http://accessories.apj.dell.com/sna/productdetail.aspx?c=jp&cs=jpbsd1&l=ja&sku=210-36168)。片手に乗るほどのコンパクトサイズで、本体の重量はわずか360グラム! ACアダプタや専用バッグ、VGAケーブル、三脚(三脚のみ別途購入)をすべて合わせても970グラムです。これならパソコンといっしょにカバンに入れて持ち運んでも負担になりません。値段は4万1980円とプロジェクターの中ではおやすいほうだと思います。

2012-05-29 12.18.04

どれくらい小さいかは写真を見てください。手前にあるのは10.4型液晶を搭載したレッツノートR6です。ノートPCの中ではかなり小型の部類に属しますが、それと比べても十分に小さいですね。

2012-05-29 17.42.12

2012-05-29 12.24.38

付属のACケーブル(ACアダプタとコンセントをつなぐ部分)は極太タイプなので、別売の細いACケーブルに替えるのがおすすめです。VGAケーブルは細くて使いやすいんですけどね。また、プロジェクター本体には角度を調整する機能がないので三脚は必須。本体が軽いのでデジカメ用の安価な三脚で十分です。

FILCO 直角ケーブル3号 3ピンミッキータイプ・カマ型 ACアダプター用ケーブル60cm(DELL,HP,Acer,MSI対応) FCC60-03 FILCO 直角ケーブル3号 3ピンミッキータイプ・カマ型 ACアダプター用ケーブル60cm(DELL,HP,Acer,MSI対応) FCC60-03

ダイヤテック 2010-04-14

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ELECOM デジタルカメラスタンド DGT-011SV ELECOM デジタルカメラスタンド DGT-011SV

エレコム 2006-02-02

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 

コンパクトでも明るさは十分

Dell M110はLEDライトを使っていて、カタログによると輝度は300ルーメンです。従来の2キロ台の小型プロジェクターなら2000ルーメンを超えるのが当たり前になっているので、それに比べると明るさが十分なのか不安になります。でも、下の写真の通り、Dell M110も意外に明るい。

2012-05-29 12.25.03

写真を撮ったのは蛍光灯も点けた昼間なので、室内は一般的な会議室並みの明るさはあります。スクリーン代わりに使ったのは幅が110センチの模造紙でして、そこに投影した画面のサイズは幅80センチくらい。37~40型のテレビに相当する大きさです。何十人も集まるような会議室だと力不足ですが、10人程度の勉強会で使うなら十分なスペックだと思います(もちろんプロジェクターとスクリーンを離せばもっと大きく投影できますが、画面が暗くなるので明るい部屋ではちょっときつい)。

2012-05-29 12.25.42

従来のプロジェクターはランプ寿命が数千時間。しかも交換用のランプが何万円もすることがあり、買ってからもコストがかかるものでした。それに比べてDell M110はLEDライトの寿命が2万時間となっています。実際に使って見ないと分かりませんが、従来のプロジェクターよりもコストがかからず、故障も少ないのではないかと期待しています。

小型化が可能になったのは消費電力が少ないLEDを使ったためですが、それでもかなり熱くなるため、冷却ファンが搭載されています。使用中はずっとブーンという音が出続けます。従来のプロジェクターよりもファンが小型のためか、音は高めで耳ざわりに感じる方がいるかもしれません。本体サイズは小さくても、音はけっして小さくはありません。

一度だけ温度上昇の警告が出て、しばらく画面が映らなくなることがありました(部屋の温度は25~26度。数分の冷却で復帰)。真夏に冷房がない部屋で使うとどうなんだろう? それが唯一の不安材料です。

別売のワイヤレス接続アダプタを使える?

オプションのワイヤレス接続アダプタを購入すれば、パソコンとケーブルでつなぐことなく投影が可能になります。プロジェクターが無線LANの親機のようになって、パソコンからプロジェクターに無線LANで接続します。使い方はこちらのページを参照ください(http://ja.community.dell.com/techcenter/b/weblog/archive/2011/11/10/dell-m110.aspx)。

実際に使って見たところ、次のような制限がありました。そういうわけで現場では無線接続は使わずにケーブルでつなごうと思います。現場でバタバタするのもイヤですしね。

  • プロジェクターに接続した状態では、無線LAN経由でネット接続できない。たとえば、「ネットにアクセスする様子をプロジェクターで見せる」という使い方はできない。
  • パソコンの画面がそのまま投影される(ミラー)。パワーポイントには「パソコンの画面に発表者ツールを表示し、プロジェクターにスライドショーを表示する」という機能があるが、無線接続時にこの機能は使えない。
  • 普通に使う分にはスムーズに動くが、動画を表示させるとカクカクする。無線経由ではデータ送信が追いつかないのだろう。
  • ウィンドウズ7やVistaではエアロが無効になる。パワーポイントのスライドを投影するだけなら問題はないが…。
  • 接続が不安定になることも。他の無線LAN機器の影響を受けるのだろうか、接続が突然切断されてしまうことがある。

ワイヤレスが今ひとつだったのが残念ですが、それ以外はとても満足。さっそく次の勉強会からこのプロジェクターを活用してみようと思っています。

ちなみに価格.comのページを経由して購入すると、デルのサイトから直接買うよりも1000円安く買えます(http://kakaku.com/item/K0000357477/)。それと注文してから届くまで1週間以上待たされるのでご注意ください。

このプロジェクターを使って6月10日(日曜日)に東京・池袋で勉強会をやります。テーマは「フリーランスの貯蓄と資産運用」。詳しくはこちらをご覧ください(http://kokucheese.com/event/index/37504/http://moneylab.ldblog.jp/archives/51825070.html)。



at 18:41│Comments(0)TrackBack(0)雑記 
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。